スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマジロ


アルマジロがいるらしい。

そんなテキサス、知ってます。


しかし、夜行性のヤツら、

あまりお見かけする事がありません。

あえて言うなら、車にひかれてる姿くらい。


しかし、しかし、

ついに生きている姿に遭遇。


今日は、ジェネティクスの学科のBBQ。

(ちなみにうちの研究室は、バイオケミストリーもかねてます)

ちょっと町から離れた、自然を切り開いたところの公園でやってました。

といっても、車で5分。

ここいらは、田舎なので、どこも自然を切り開いたようなもんですの。


もちろん、うちのワンさんも連れて行き、

たらふく肉食うた後、散歩していたら、

薄暗くなっていて、丸坊主の何かが動いてた。


よく見てみたら、アルマジロ。


い、生きてる。

う、動いてる。


本物だ。

初めて見た。

そして、カメラを持ってこなかったことを、激しく後悔。


でも、見れてよかった。

のおぉぉぉぉーーー☆☆☆

とテンションあげてる横で、

「あれじゃ、車にひかれるよな」

と、夫。


確かに、テケテケ、ヨチヨチと、歩くので、

たいがい段差につまずく私でも捕まえる事が出来そう。


でも、かわいらしかった。

やっぱし、カメラ持ってけばよかった。。。。。


| テテテキサスッ☆ホーム |

コメント

野生って、興奮しちゃうよね!
いつまでも見ていたい様な、そんな気になります。
私も実は職場近くで見ることが出来るらしい、
ある「野生」を楽しみにしているんだけど、
4年間見たことがない。
会えたら会えたで恐いけど、みたいなぁ。


まっ、イノシシなんですけどね・・。

野性な野生

Nooooooo!
なぜカメラを、ご自慢のカメラをお持ちでなかったのですか!
しかし、うらやましいです。
私も見たいです。
でも、そんなノロマなら交通量が多いここでは無理でしょうねぇ。
アライグマなら、樹上の生な奴から薄さ数ミリになった乾燥ものまで見たんですけどね。
自然がそばにあるって感じですね。

> りんごさん
神戸やったら、夕方から夜にかけて、阪急沿線より北側を、コンビニ袋下げて歩けば遭遇できますよ。
コンビニ袋の中に食料があることを知ってか、気持ちいいくらいの”猪突猛進”をかましてくれますよ。
まぁ、間違いなく命を貼った遭遇となるでしょうが・・・
いつか旅行に行かれたときにでも、闘ってみてください・・・。

りんごさん

確かに、野生というだけでなぜか興奮しますよね。
京都の山の方に住んでいたときは、
近所でのフクロウやら、猿やら、シカやらの
目撃談をききました。
でも、イノシシは、危ないので、気をつけましょう!

青色発光ダイオードさん

アライグマもよくひかれてますよね。
いつぞやは、シカがひかれていました。
とても怖いです。
あんな大きな人にぶつかったら、車も危ないですよね。

しかし、アルマジロは、とても動きが遅かったです。
彼だけだったのかもしれませんが、
あれが、マックスで走っていたのであれば、
大変危険です!!

青色発光ダイオードさん

猪突猛進・・・まじですか・・
しかもコンビニ袋に?!
こわい!
職場付近では、うりぼうをつれてたり、
山の斜面をつがいで駆け下りてきたりするらしいんで、
危害が無い程度の近さで見たいんですけどね~。

アライグマが多いんですね!
けっこうやっかいな生き物でもあると聞いたことがありますけど、
近くにいるって素敵なことですね。
事故にあってるのはやっぱりかわいそうですが。


maafaちゃん

鹿も死んでたりするの?!
野生の鹿って、結構すごいと思いますけど・・!
ふくろうとか、かなり見たい!!
コノハズクだろうなってのは見たことあるんだけど、
ふくろうは大きいしかなり好き!
ワシとかも最高♪

アルマジロがそんなに遅いなんて知りませんでした。
でも、そんなに?!
夜行性で良かった、のかな?

りんごさん

私がみたのは、そんなに大きくないものだったと思います。
でも、ハイウェイの傍らに、倒れているのを見た時は、
ちょっとびっくりしました。
ワシかタカか分かりませんが、時々そんな感じの大きな鳥が、
獣や鳥をいただいていらっしゃる場面を目撃します。
野性味あふれてますね~。

今度は、写真を撮るべく、また同じ公園へ行ってみようと思います!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mittimiti.blog60.fc2.com/tb.php/470-f38e1fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。